新着情報

◆2014/10/15
航空機を安く利用する旅行プランの情報を更新しました。
◆2014/10/15
航空機を安く利用するなら会社と時期選びが大事の情報を更新しました。
◆2014/10/15
航空機の値段変動を利用しようの情報を更新しました。
◆2014/10/15
短時間長距離移動を重点に置いた格安航空券の情報を更新しました。
◆2014/10/15
株主優待券でLCCより安く大手を使うの情報を更新しました。

航空機の値段変動を利用しよう


昨今では、随分航空券の値段がどこも軒並み下がりつつあり非常に航空機を使用しやすくなって来ていますね。
上手く利用すれば、それこそ新幹線と同じくらいかそれよりも安いくらいの値段で利用する事も出来たりしますので、交通機関の中でも特に長距離移動をする際には重宝するものになってくるのではないかと思います。
しかし、航空券というのは実は特に交通機関の中でも値段が時期によって上がり下がりが激しいものなんですね。
実際、新幹線のチケットなんかだと距離で値段が設定されていますので混雑する時期だとチケットが取れない事はあっても値段が高くなる時期、なんていうものはないのです。
ほかにもバスや普通の電車なども同じで、料金は一律で定められているのでいつ乗っても同じだけの料金しかかからないというような強みがあります。
しかし、それは高くなる事はないけど安くなることもないという事の裏返しでもあるわけですね。
一方、航空機というのは距離で値段が設定されているのではなくLCCなんかだと空席情報と照らし合わせて値段が変わるというような料金システムになっているのです。
それは、燃料で飛行するという事は勿論なのですが空の上では燃料補給をしたりする事が出来ないので、一定量を積んだら目的地まで直行するしかない、というような性質にあるかと思います。
また、それと同様に目的地から目的地まで一直線で途中下車や途中乗車という概念も無いので、その一便にどれだけ利用者が乗るのかという事が加味される性質でもありますね。
一般的には、やはり人数が多い方が燃料もそれだけ多く使いますしチケットが取れるかどうかというところもかかわってくるので値段が高くなってしまいます。
ですので、帰省ラッシュなんかの時期になると通常時の航空券より値段が数倍になる事も当たり前で、飛行機移動をしなくてはいけない人にとっては中々悩みの種になるくらいの値段になってしまうかと思います。
しかし、航空機というのは値段の変動がありますのでそこを利用する事で限りなく安く利用する事が出来るような余地のある交通機関でもあるということです。
水物、とまでは言いませんがそれでも交通機関の中では最も値段の変動しやすい物なので、その変動を利用して上手に工夫することによって快適に、長距離移動を素早くできる上に安く利用する事が出来るようなもの、というのが今の航空機でもあるということを覚えておくとお得です。